【VALORANT】レイナ アビリティ解説

VALORANT

この記事では、【VALORANT】レイナのアビリティについてまとめてみました。

【VALORANT】ゲーム内容についてはこちらから☆

スポンサーリンク

アップデート情報

パッチノート5.07

リーア

・視界悪化の溜め時間を短縮 0.6秒 ⇒ 0.4秒
・範囲制限を撤廃
・視界悪化の装備解除までの時間を短縮 0.7秒 ⇒ 0.5秒
・持続時間を短縮 2.6秒 ⇒ 2.0秒

エージェント紹介

レイナ / REYNA

メキシコの中心部で鍛え上げられたレイナは一対一の状況で優位に立ち、敵を倒して命を食らう。その真の能力を開花できるかは、戦いのパフォーマンスによって大きく左右される。

VALORANTエージェント:レイナ(メキシコ)/デュエリスト (playvalorant.com)

ロール / ROLE

デュエリスト
攻撃的なアビリティや移動アビリティをもった攻撃のスペシャリスト。アタッカーではエントリーを担い、敵エリアの情報収集や最初に敵と交戦することが多いエージェント。デュエリストのエントリーとファーストブラッドで勝敗が左右されることもしばしば。

アビリティ

アビリティは、エージェント毎に4つ設定されている。初めから固有アビリティ1個は所持している。他のアビリティは、ラウンド前の購入フェーズでクレジットを使用することで購入できるものと、キルなどでポイントを貯めることで使用できるアルティメットアビリティがある。

ディスミス

敵プレイヤーをキルもしくはアシストすることでソウルオーブができる。ソウルオーブを1つ消費して、短時間だけ実体を持たない存在となる。
※敵プレイヤーは射撃などによるダメージを与えることはできないが、視認することはできる。
コスト:200クレジット
最大所持数:2(ディスミスとデバウアーで共有)

デバウアー

敵プレイヤーをキルもしくはアシストすることでソウルオーブができる。ソウルオーブを1つ消費して、短時間で急速にHPを回復する。このスキルによって100を超過したHPは時間経過とともに減少していく。
コスト:200クレジット
最大所持数:2(ディスミスとデバウアーで共有)

リーア

破壊可能なエーテルの眼を放つ。『リーア』が視界に入っている敵プレイヤーの視界を奪う。
コスト:250クレジット
最大所持数:2

エンプレス

狂乱状態となり、射撃速度と構え、リロードの速度が劇的に向上する。敵プレイヤーをキルすると効果時間が延長される。視界に入った敵プレイヤーは強調表示される。
『エンプレス』の発動中は敵プレイヤーをキルする毎に『デバウアー』が自動的に発動する。
『エンプレス』の発動中に『ディスミス』を使用すると姿も見えなくなる。『ディスミス』は自動発動しないため、アビリティを使用するにはソウルオーブが必要となる。
コスト:6ポイント

まとめ

『レイナ』は、戦闘がお好きな方にピッタリなエージェントとなっている。

『レイナ』の最大の魅力はアビリティを活かした連続戦闘ではないでしょうか。敵プレイヤーをキルもしくはアシストをすることでソウルオーブを消費して『デバウアー』での回復。敵プレイヤーの射線が厳しい場合は、『ディスミス』を使用して離脱することも可能である。

『デバウアー』での回復はオーバーヒールを行うことができるため、アーマーを購入していないピストルラウンドやエコラウンドにおいて有能なアビリティとなっている。

アルティメットアビリティ『エンプレス』は敵プレイヤーをキルする度に自動的に『デバウアー』が発動するため、被弾した後の連続戦闘の際にも優秀なアビリティアビリティとなっている。アルティメットのコストも6ポイントと比較的回転率もいいため、積極的に使用していきたいアビリティである。『エンプレス』の発動中は、『ディスミス』を使用した場合、敵プレイヤーは『レイナ』の姿を視認することができないため、効果が切れたところを狙い撃ちにされるというリスクも軽減する。

『レイナ』最大のデメリットは、『デバウアー』『ディスミス』共に敵プレイヤーを倒した際にできるソウルオーブがないとアビリティを発動することができないという点にある。戦闘後にしかアビリティの恩恵を受けれないため、純粋な撃ち合いの強さも求められるエージェントとなっている。
皆さんもレイナでVALORANTをプレイしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメント